Blog スタッフブログ

Customer’s Voice|中谷会計事務所 中谷 公大様

Category | Blog
/ 1,793views

Customer’s Voice

和歌山県新宮市に拠点を構え、税務・会計の側面から経営のサポートをされている中谷会計事務所様。「お客様に寄り添い、安心と成長を」という理念のもと、税務・会計のみならず、相続・贈与、設立・開業支援など、お客様のご要望にあわせて柔軟に対応されています。

そんな中谷会計事務所様よりサイトリニューアルをご依頼いただき、ともに制作を行った約3ヶ月間。制作期間中のエピソードや当時の私たちの思いは制作実績としてご紹介しておりますが、一方でその当時、お客様はどう感じていらっしゃったのでしょうか。

サイトが公開して約2ヶ月が経った頃。再び新宮市へ伺い、所長の中谷様にお話を伺ってきました。

ー サイト公開から約2ヶ月が経ちましたが、反響はありましたか。
中谷様 おかげさまで目に見えてお問い合わせの数が増えましたね。早速サイトからご連絡くださった方もいらっしゃいました。サイトからのお問い合わせでない場合も、ほとんどの方が「サイトを見た」とお話してくださるので、事務所のことを知ってもらうツールとしての効果を実感しています。ご相談くださるお客様が増えてきた中でも、変わらず真摯に対応できるよう体制をさらに整えていかなければと思っているところです。
あとは、顧客様からも「見たよ」とお声がけいただくことが多く、「中谷会計事務所らしさが出ている」とか「新しい事務所の雰囲気とマッチしている」といったお言葉をいただきました。先代の頃からお付き合いのある顧客様も多く、当事務所のことを深く理解してくださっているので、その方々からそう言っていただけるのは本当に嬉しいですね。

− スタッフの皆様の反応はいかがでしょうか。
中谷様 スタッフもみんな無事に公開できたことを喜んでいました。
この新事務所を建てる時、お客様にとって居心地のよい場所にしたいというのはもちろんですが、スタッフにとってもモチベーションに繋がったり、当事務所で働けることを少しでも誇りに思ってもらえたらという思いがあって。それはサイトにおいても同様に考えていたので、スタッフがサイトを見て「かっこいい!」と声を上げていたり、気に入ってくれている様子が垣間見えると、よかったなと思います。
制作期間中には、全員で集まってモニターでデザインを見てわいわいと盛り上がったり、スタッフ紹介用の個人写真を撮影する時には、みんなでお互いの白シャツをチェックし合ったり、社内でもコミュニケーションをとる機会が多かったのは、私としても印象的でした。全員で一緒につくりあげていくという感覚がありましたし、みんなも楽しんで取り組もうとしてくれているように見えたので、その姿を見ていても貴重な機会になったなと感じていました。

− 今回、スタッフ紹介のページでは、スタッフ様全員がお顔出しとお名前の掲載をご承諾くださりましたよね。
中谷様 そうですね。最初にサイトの構成を検討する中で、お客様からするとどのような人が対応してくれるのか顔が見えていることで安心してもらえるのではないかというお話をしていただいて、スタッフ紹介のページを設けることになりました。
でも実は、制作がはじまった当初は顔や名前を出すことを懸念していたスタッフもいたんです。せっかくページを設けるのであれば、スタッフ全員の紹介を掲載したいという思いがありつつも、無理強いをするのはよくないのではないかとも思い、ウィルスタイルさんに相談しました。すると、スタッフ紹介ページを設けることの意義であったり、事務所として今後目指す姿や方向性をスタッフにもきちんと話した上で、「だからこそみんなにも協力してほしい」と伝える方がよいのではないかとご提案くださりました。
そこで再度、私からあらためて思いを伝えた上でスタッフと話をしたところ、掲載を厭っていたスタッフも正面でなければとのことで、許可を得ることができました。
最初に個人写真を撮影した時、そのスタッフは極力顔が見えないよう後ろ姿を掲載する方向で話を進めていたのですが、実際にできあがったページを見ると、後ろ姿というのが私自身どうしても気になって。「お客様に寄り添う」という姿勢を大切にしているにもかかわらず表情が見えないということに違和感を感じましたし、みんなで同じ方向に進んでいきたいという思いとも相反するところがあるなと思い、私から再度本人と話をしました。ページを見た本人も同じように感じていたとのことで、最終的には顔を出すことを了承してくれました。
途中色々とあったものの、最終的にはスタッフ全員が納得の上でこのページができあがったことは、私としても嬉しかったですし、とても大きな意味があったように思います。
このページが実現できたのも、きちんと思いを伝えることが重要だとウィルスタイルさんから言っていただいたおかげだと感じています。

− ウィルスタイルに依頼してよかったと感じたことはありましたか。
中谷様 もともとアスカフューネラルサプライの田中くんから紹介してもらったということもありましたし、まだ制作を検討していない頃ではありましたが、新宮に来られていたタイミングで一度ご挨拶もしていたので、最初から安心して任せることができたのは大きかったですね。
あと、私個人としては、今回の制作期間が、自分自身の思いであったり、事務所として今後目指す姿というのをあらためて考える機会になったというのはよかったなと感じています。自分の心の内を話す機会ってなかなかないじゃないですか。そこを引き出してもらったことで、私自身も見つめ直すことができたように思います。
もう一つあげると、連絡をくれるタイミングがちょうどよかったですね。こちらで判断しないといけないことであったり、確認が必要なことであったり、色々と宿題があったんですが、新事務所立ち上げの時期と重なっていたこともあって、どうしても手がつけられなかったり、忘れてしまったりすることもあったというのが正直なところです。そんな時に、絶妙なタイミングで連絡がきて、「あ、やらなきゃ」と。連絡の頻度が多すぎてもそれはそれで負荷に感じてしまっていたと思うので、ちょうどよかったなという印象でした。

− では反対に、もっとこうしてほしかったというところはありますか。
中谷様 こうしてほしかった… うーん… 特にないですね。よいところばかり話していると嘘っぽくなってしまいますかね(笑)
でも本当に私としても楽しかったなという印象が強くて。
事務所の顔となるものをつくりかえるわけなのでもちろん簡単な道のりではありませんでしたが、本当にあっという間だったなという感覚です。毎回のお打ち合わせも撮影も楽しかったですし。
サイトが公開した時には、無事に公開できたという嬉しさや安堵ももちろんありましたが、同時に終わってしまったんだなというさみしさもありました。ウィルスタイルの皆さんとの打ち合わせの機会が減って、終わったんだなと実感してひしひしとさみしさを感じていたので、またこうしてお話できているのは嬉しいです。

− 今後は皆さんのブログも楽しみですね。
中谷様 そうですね。顧客様の中には「うちもぜひお客様の声に載せてほしい!」と言ってくださる方もいらっしゃるので、インタビューを実施しようという話をしています。
スタッフのみんなも「せっかくかっこいいサイトをつくってもらったから更新も頑張りたい」と前向きな様子ですし、順番を決めて更新していきたいと思っています。まずは私が最初に書くとスタッフにも宣言しているので頑張ります。

居心地のよい空間と中谷様のあたたかい空気感に包まれ、話が弾むうちにあっという間にお時間に。
「今度は神戸に行きますね」「いつでもお待ちしています」と、次は神戸でお会いする約束をして終えたインタビューでした。

中谷会計事務所様
〒647-0031
和歌山県新宮市田鶴原町2-3-11
Webサイト : https://nakatani-tac.jp/
Category | Blog
Author | Yuri Torigaki / 1,793views

Company information

〒650-0024
神戸市中央区海岸通5 商船三井ビルディング4F

Contact us

WEBに関するお問い合わせは
078-977-8760 (10:00 - 18:00)