Blog スタッフブログ

Customer’s Voice|有限会社昭和建装 清水 康秀様

Category | Blog
Tag |
/ 1,648views

Customer’s Voice
 

有限会社昭和建装様は大阪府松原市を拠点とし、「感動を共有する」という理念のもと、外壁・内装塗装、防水工事、修繕などを行われています。

そんな昭和建装様よりご相談をいただき、先日3度目のサイトリニューアルをさせていただきました。初めてお会いしてから、かれこれ15年以上お付き合いをさせていただいている昭和建装様。今回、社長がお父様から清水様へ事業承継されるタイミングであること、また前回制作をおこなった8年前から事業の規模が変わってきているということもあり、リニューアルを行うことになったのです。

ともに制作をおこなった約3ヶ月間。制作期間中のエピソードや当時の私たちの想いは、制作実績としてご紹介しておりますが、一方で制作当時、お客様はどのように感じていらっしゃったのでしょうか。

サイトを公開して約2ヶ月が経った頃にあらためて代表の清水様にお話を伺ってきました。

ー 弊社の提案内容はいかがでしたか。
清水様 提案内容よりも2回目の打ち合わせ(プレゼン)の際、池添くんが髪をばっさり切って来たことの衝撃が忘れられません。髪を切った理由を聞いたら、「もしかしたら昭和建装のスタッフ役で撮影するかもしれないから」と言うじゃないですか。まだ提案内容も聞いていない段階だったので、思わず笑っちゃいましたよ。
そこからプレゼンが始まるのですが、サイトの提案自体はすごく良かったです。リニューアル後のWebサイトではどのように改善されるのかも明確で、塗装業界についてもたくさん調べてくれているなと思いました。ただプレゼンとしては61点と伝えました。プレゼンの途中、提案資料の説明に一生懸命になってしまい結果的に言葉に熱がこもっていなかったんです。せっかく良い提案なのにもったいないと感じ正直に伝えました。しかしTOPデザインのプレゼンでは、言葉に熱を感じたし何より楽しそうにプレゼンしてくれたこともあり、Webサイトの完成が楽しみになっていましたね。

ー 今回のWeb制作はいかがでしたか。
清水様 今回は、経営理念の作成や施工実績やブログの更新をルール化する等、Web制作以外も手助けしてほしいことがありました。そこでウィルスタイルさんからブログ更新してくれそうなスタッフも含めて、打ち合わせしましょうとご提案してくださったんですよね。
制作開始となりウィルスタイルさんの事務所に、私と渡邉、宮本の3名で伺った際、施工実績やブログを更新する重要性を説明するだけでなく、会社に対するスタッフの想い等もヒアリングしてくれて嬉しかったです。会社として大切にしていることを渡邉や宮本がしっかり話しているのを見ると目頭が熱くなりました。
あの打ち合わせからウィルスタイルさんと昭和建装のチーム感が一気に出てきて、撮影場所のロケハンに行ったり、毎回一緒に昼食を取るようになったり、僕だけでなく渡邉、宮本との距離も縮まり、制作の中盤辺りから池添くんと岡本さんのことを戦友だと思っていました。

ー 撮影やWebサイトのデザインを見てどう感じましたか。
清水様 撮影はロケハンも含め、本当に楽しかったです。特に渡邉、宮本が1番楽しんでました。撮影の際、岡本さんが渡邉を褒める度に、どんどん気持ちよくなってましたね。岡本さんは愛想もいいし、本当に上手に褒めるんですよ。褒められている渡邉を見た宮本がめちゃくちゃジェラシーを感じていたので、おもしろい撮影現場でした。たまたま渡邉だけを撮影する日があって、その日の宮本はずっと「僕も行きたかった」と言ってましたよ。思い返せば撮影だけでも楽しいことがいっぱいありました。

デザインに関しては、恥ずかしくなるくらいかっこよかったです。リニューアル前のデザインも気に入っていたのですが、今回はアニメーションなども含め本当にすごいの一言でした。
デザインのコンセプトや意味を聞いているとさらにしっくり来て、施工実績やブログ投稿は力を入れて頑張ろうと思いました。

ー ウィルスタイルに依頼してよかったと感じたことはありましたか。
清水様 今回の制作期間が、自分自身が大切にしている思いであったり、会社としての今後の方向性をあらためて考える機会になったというのはよかったなと感じています。特に経営理念やコンセプト、採用メッセージの作成に関しては、私が話している内容をキャッチーな言葉にまとめてくれるので助かりました。提案してくれたテキストに対して、このニュアンスは少し自分の想いと違うと伝えると、また再提案してくれて。本当に良いものができあがったと思っています。
もう一つあげるとすると、Web制作の時に使用していたGoogleのツールを昭和建装ではどういう風に使ったらいいかもアドバイスしてくれたことです。ブログ記事に関しては、まずは渡邉にDocumentsで作成してもらい、その後に構成の見直しや修正を行い、WordPressに上げています。仕事の都合上、外出していることが多いこともありWordPressだとすぐに確認できなかったのですが、いつでもすぐに確認や修正ができるので助かりました。

ー では反対に、もっとこうしてほしかったというところはありますか。
清水様 今思い返すとになりますが、わざわざ来社いただかなくても電話で済んだのではと思うことはあったかもしれません。
ただ真剣に考えてくれていることが伝わっていたので、来てくれるのはすごく嬉しいんですけどね。一緒にお昼も食べれたので、本当に楽しい制作期間でした。

代表取締役として、今後の目標などはありますか。
清水様 社内のスタッフや他社の方からは、昭和建装はいい会社と言ってくれますが、私の中ではスタッフ同士の付き合いが少し薄いなと感じていたんです。しかし渡邉も含めた新しいスタッフが数名入社してくれたこともあり、会社の雰囲気もよくなっている実感があるので、良い方を採用していきたいなと思います。
そしてスタッフの家族からも「昭和建装が好き」と言ってもらえるようにしたいですね。

制作期間を振り返ると、思わずお腹を抱えて笑ってしまうようなエピソードが多く、あっという間のインタビューでした。

有限会社昭和建装様
〒580-0026
大阪府松原市天美我堂1-7-F-208
Webサイト : https://shouwakensou.com/

Category | Blog
Tag |
Author | Yuki Ikezoe / 1,648views

Company information

〒650-0024
神戸市中央区海岸通5 商船三井ビルディング4F

Contact us

WEBに関するお問い合わせは
078-977-8760 (10:00 - 18:00)